司法書士の合否は解答速報をチェック【合否判定の判断手段】

カウンセリングの専門家

カウンセリング

取得する方法

心理カウンセラーは、これから大学で心理学を習って資格取得を目指そうとする人が多いかと思いきや、意外と中高年の人に取得を目指そうとする人が多いのです。定年を迎えた人や、社会で精神的につらい経験をしたことがある人など、ある程度年齢を重ねた人が心理カウンセラーになろうと勉強し、資格を取るために学校に通う人もいます。学校に通う場合は主に大学で心理学を勉強するか、産業カウンセラーの資格取得を目指すためにセミナーに通って勉強するかになります。大学では心理学で必要単位を取得することができれば、認定心理士の資格を取ることができます。そこから大学院へ進学すれば、公認心理師又は臨床心理士の資格が取れます。しかし、そこまで勉強するには時間も費用もかかるという人は、産業カウンセラー取得のために、セミナー教室に通って勉強していきます。産業カウンセラーの場合は大学をsつ行しなくても、半年ほどカウンセリングや産業関連の心理学を勉強し、資格取得を目指して授業を行います。心理カウンセラーとして活動するのに、実は必ずしも資格が要されるわけではありません。資格を持っていない人でもボランティアや非営利団体としてカウンセリングを行う人もいます。しかし、カウンセリングを受ける人は、心理カウンセラーとして証明できる何らかの資格を持っていることで信用することができ、カウンセリングも安心して受けられます。悩みを聞きながらサポートする立場は、しっかりと心理学を把握できる人が望ましいといえます。

Copyright© 2018 司法書士の合否は解答速報をチェック【合否判定の判断手段】 All Rights Reserved.